女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

女の子がいない夫婦は老後寂しい思いをするのか?

読了までの目安時間:約 4分

 

老人

現代の日本では、

子供の性別は、圧倒的に女の子を望む人が多いと言われています。

 

昔の日本では、男の子を生まないと、

嫁としての任務を果たせていない言われたり、

離婚させられたりしたそうですが、

 

最近ではそのようなことはほとんどなく、

跡取り問題も昔のように重視されることは少なくなってきています。

 

逆に、今は女の子はお嫁に行っても実家に良く帰ってきてくれ、

孫を連れて帰ってくれたり、一緒に旅行に行ったりと、

老後も娘と楽しめそう、ということで女の子が人気になっているのかと思います。

 

確かに女の子は良く実家に帰る人もいるかもしれませんが、

女の子がいな夫婦は、本当に老後さみしい思いをするのでしょうか?

 

女の子だって近くに住むとは限らない

女の子は良く実家に帰ってくれるから・・・

と思う人もいるかもしれませんが、

必ずそうとも限りません。

 

遠方に嫁いでしまい、飛行機や新幹線を使わないと、

実家まで帰れなかったりする距離に住んでしまうかもしれませんし、

 

もしかしたら海外に留学し、そのまま海外で結婚してしまうかもしれません。

 

それに、結婚相手が転勤が多い会社に勤めている人だった場合、

お嫁さんも転勤先について行くことが多いですから、

結婚相手次第なところもあります。

 

住むところが遠いと、実家に帰りたいと思っても、

簡単に帰れないと思いますので、

女の子が生まれたからと言って、

必ずしろ、老後に良く家に帰ってきてくれるとは限りません。

 

男の子の方が実家の近くに住む割合が高い

跡取り問題が少なくなってきたとはいえ、

いまだに長男は家を継ぐ、という意識が強く残っている家庭も多いかと思います。

 

そのため、全体的に見ると、

男の子の方が両親と同居したり、近くに住み、親の面倒を見る、という人が多いのです。

 

私の周りの同居スタイルを見ても、

9割が旦那さんの実家で同居している人で、

1割が女性がお婿さんをもらい、自分の両親と同居している人です。

 

ですので、男の子が生まれた方は、

責任感のある子に育ってくれれば、

もしかしたらその子が跡取りのことを考え、

同居、または家の近くに住んでくれるかもしれません。

 

老後は子供以外の生きがいを見つけよう!

男の子が生まれた場合でも、女の子が生まれた場合でも、

もしかしたら遠くに行ってしまい、

老後も孫にもなかなか会えない生活になってしまうかもしれません。

 

それでも、さみしいと思うかは自分次第です!

 

老後は子供に執着しすぎず、

自分の趣味や他の楽しみを見つけ、

それを生きがいに毎日生き生きと暮らすのも、幸せなことだと思います!

 

世の中には子供を持たない方、授からなかった方も大勢います。

その方々がみんな老後さみしい思いをしているかといえば、そうではありませんよね!

 

子供がいなくても、充実した毎日を送り、

輝いて見えるご老人も大勢おられます。

 

ですので、子供は男の子でも女の子でも、

考え方、過ごし方次第でさみしさなど感じず、

老後も楽しい毎日を送れるに違いありません。


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

もものひとり言   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る