女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

女の子希望が多いのは日本ぐらい?海外では男の子希望が圧倒的に多い!

読了までの目安時間:約 3分

 

国

現在日本で産み分けに挑戦する人のほとんどが、
女の子の産み分けに挑戦しているそうです。

 

このように、日本では女の子が大人気となっています。

 

しかし、海外を見てみると日本のような国は非常に珍しく、
多くの国が男の子を希望する人ばかりのようです。

 

一体海外の人はどうして男の子を希望するのでしょうか?

 

中国の場合

中国は、人口増加を防止するために、
一人っ子政策」という政策がとられています。

 

これは、夫婦間で子供は1人しか生まないように、とする政策です。

 

2013年12月に少し緩和され、
夫婦のどちらか一方が一人っ子で兄弟がいない場合に限り、
2人目を産んでも良いとされました。

 

もし二人目の子供を産んでしまった場合、
戸籍に入れることはできず、
学校にも行けないし、医療サービスを受けることもできないことが多いそうです。

 

かなり厳しいですよね。
そのため、子供は絶対に一人しか産めないので、
みんな跡継ぎとして男の子を希望しているそうです。

インドやパキスタンの場合

インドやパキスタンでは、男尊女卑の考えがまだ根強く残っています。

 

そのため、子供も男の子を望む人がほとんどです。

 

また、インドやパキスタンでは、男の子は家に残り両親の世話をする、というのが一般的で、
反対に女の子は嫁ぐ時に高額な持参金を持たせなければいけません。

 

そういった金銭的なこともあり、
男の子を望む人が多いようです。

 

中には、男の子が欲しかったのに女の子だったからといって、
女児が殺害される事件まで起きているので、恐ろしいですよね。

日本では考えられないことです。

 

このように、発展途上国では男の子を希望する人がほとんどのようです。

 

アメリカやヨーロッパは特に差はない

ネット上で調べたところ、

アメリカやヨーロッパの方では、

希望の性別の偏りは特に無いようです。

 

特に、イギリスでは産み分け自体禁止されていますので、

話題にのぼることも少ないようです。

 

アメリカでは着床前診断による産み分けが可能とされていますので、

産み分けには寛容な国だと言えます。

 

しかし、中国やアジア圏の国のような状況ではないので、

それほど希望の性別にこだわりがないのかもしれません。

 

 


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

もものひとり言   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る