女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

跡継ぎのために男の子を希望する人が多い地域もある

読了までの目安時間:約 3分

 

田舎

日本全体で見てみると、

子供の性別は女の子が人気のようですが、

日本のなかでも、田舎の地域では、

まだまだ跡継ぎと言う考え方が残っている地域も多く、

そういった地域では、逆に男の子をかなり期待される人も多いようです。

 

旦那さんが長男の場合

そういった、跡継ぎを重要視している地域では、

特に、旦那さんが長男の場合は、

両親から男の子を熱望されるようで、

そのプレッシャーはものすごいようです。

 

一人目が女の子だと分かると、あからさまに残念そうにされたり、

生まれて間もないのに、

次は男の子を!」なんて言葉をかけられたりするようで、

女性にとってはかなり精神的な負担を伴いそうです。

 

田舎の地域では、「長男が後を継ぐ」という意識がまだまだ根強く残っており、

長男の所へお嫁に行った女性は、口をそろえて、

一人目は男の子が欲しい」と言うそうです。

 

我が家の場合も

私の場合は、主人は次男だったので、

特に子供の性別については何も言われませんでしたが、

主人の兄の所は一人目が女の子で、

二人目が男の子だと分かった時、

義両親は大喜びしていました。

 

跡継ぎができた!という気持ちがあったようです。

 

こうしてみると、

男の子しかいない家庭でも、

女の子しかいない家庭でも、どっちにしろ悩みはあることが多いようなので、

やはり、子供は両性いる方が、

生活していくうえで、精神的負担が少ないのかもしれません。

 

しかし、子供の性別は産み分けをしたからと言って、

100%選べるわけではありませんし、

 

どうしても家柄を残さなければいけない家の場合は、

女の子でも婿養子を迎えるという方法もあるので、

男の子が生まれなかったから、だめな嫁だ・・

と思う必要はまったくないかと思います。


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

もものひとり言   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る