女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

人工授精は男の子が生まれやすい?

読了までの目安時間:約 4分

 

病院

不妊治療にも用いられている人工授精ですが、

 

うわさでは、

人工授精をすると、男の子が生まれる確率が高くなる!

とも言われています。

 

なぜそのようなことが言われているのでしょうか?

 

人工授精は排卵日当日に行うことが多い

なかなか自然妊娠できない人は、

婦人科にて、人工授精で不妊治療を行うことができます。

 

人工授精は、排卵日まで、婦人科に何度も通い、

エコーで排卵チェックを行ったり、排卵検査薬を用いて尿検査を行い、

 

排卵日をきっちり見極めて、排卵日当日に人工授精することが多いのです!

 

ですので、必然的にスピードの速いY精子の方が、

早く卵子に到達して、受精するのではないか?といわれています。

 

実際は男女の偏りは無い

人工授精をすると、男の子になる確率が高いと言われているものの、

 

実際の統計では、男女の比率に偏りは無いそうです。

 

ですので、不妊治療で人工授精をして子供を授かったからと言って、

男の子の確率が高いわけではないので、

女の子希望の人でも安心して治療してください。

 

人工授精は膣内の環境は関係ない

人工授精は、採取した精子を分離器で調整したり、

またはそのままの状態で、直接子宮に注入する方法です。

 

膣は通り抜けて、ダイレクトに子宮に入りますので、

精子は膣内の環境の影響を受けません。

 

ですので、ピンクゼリーやグリーンゼリーを使用しても意味がありません!

 

よく産婦人科で、

「人工授精の時にピンクゼリーを使用してもいいですか?」

との相談があるそうですが、

まったく意味が無いので、やめておいた方がよさそうです。

 

女の子希望の人工授精ならパーコール法を!

産み分けで女の子希望で、なかなか自然妊娠できない場合は、

パーコール法を行うとよいでしょう。

 

パーコール法は、

遠心分離器で、精子を9層に分離し、

比重が重いとされるX精子が多い層のみを、子宮に注入する方法です。

 

パーコール法を行うことによって、

タイミング法での産み分けより10%程度確率がアップするそうです!

 

なお、男の子のY精子は、比重にばらつきがあるため、

パーコール法での産み分けは利用できません。

 

タイミング法での産み分けに自信が無い人も、

この人工授精によるパーコール法の産み分けをするのがおすすめです!


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

産み分けQ&A 男の子の産み分け   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る