女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

アメリカでの産み分けのための食事療法(女の子編)

読了までの目安時間:約 4分

 

アメリカ式の産み分け方法では食事療法が重要となっています。

 

特に、女性の体内を変化させるために、

女性の食事療法が大事になってきます。

 

では、産み分けで女の子を生むにはどのような食生活を送るとよいのでしょうか。

 

朝食抜きがおすすめ

朝食を抜くと女の子が生まれやすいという研究結果があるので、

女の子の産み分けをする際には朝食抜きがおすすめです。

 

これは、朝食抜きに限らず、女性の摂取カロリーが低いと、

女の子のX精子が受精しやすいと言われいるからでもあります。

 

原因ははっきりとは解明されていませんが、

おそらく、女性の体内がエネルギー不足でも、

Y精子より生命力の高いX精子なら受精し、育っていきやすいからではないかと言われています。

 

塩分を控えめに、カルシウムを多く摂る

女の子の産み分けをするにあたって、食事で気を付ける点は、

塩分を控えるということです。

 

そして、カルシウムを多く摂取することを心がけたら良いようです。

 

体内のミネラルバランスの変化により、

生まれてくる赤ちゃんの性別が左右される研究結果があるそうです。

 

毎日食べたほうが良い物

アメリカ式産み分け法では、女の子の産み分けのために以下の物を毎日食べると良いとされています。

    • ヨーグルト(低カリウムのもの)
    • ケフィール
    • 牛乳(1日コップ3杯)
    • ゴマ種子ペースト(タヒニ)
    • イチゴ、ラズベリー
    • シュガーレスガム
    • パルメザンチーズ(大さじ3杯)
    • パスタ
    • 減塩パン
    • 魚(水につけて減塩する)
    • きゅうり
    • 減塩マヨネーズ
    • 白ごはん
    • クランベリー
    • 鶏胸肉(1日130グラム以下)赤みの肉は食べない


毎日これらを全部食べるのは不可能ですが、

意識してこのような食事を摂ると、女の子が生まれやすくなるようです。
気を付けたいところは、

魚でも、マヨネーズでも、すべて減塩の物を食べるということです!

 

女の子の産み分けで塩分は少なめの方が良いとされていますので、

塩分の摂りすぎには注意しましょう。

 

また、赤身のお肉を食べてはいけない理由としては、

赤身のお肉には男性ホルモンのテストステロンを増加させる働きがあります。

 

ですので、大量に食べることにより、テストステロンを上げてしまい、

男の子が生まれてくる可能性が高くなってしまいますので、注意しましょう。

 

飲み物について

女の子の産み分け中に飲む物でおすすめなのが、

クランベリージュースです。

 

クランベリーは膣内を酸性に傾ける働きがあるとされていますので、

クランベリーサプリメントと同時にジュースでも摂取するのがおすすめです。

 

その反対に、カフェインは控えたほうが良いとされていますので、

コーヒーなどを飲む場合はほどほどにしておきましょう。

 


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

アメリカ式産み分け法 女の子の産み分け   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る