女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

ストレスが多い女性は女の子を産みやすい?

読了までの目安時間:約 4分

 

現代では、女性の社会進出が進み、
男性と同じように社会で働く女性の割合も増えてきました。

 

それとともに、ストレスを抱える女性も増えてきているのが現実です。

 

アメリカ式産み分け法では、そのストレスの度合いも重要になっていて、
ストレスが多い女性は女の子を産みやすいと言われています。

 

子供の性別とストレスがどのような関係があるのでしょうか。

 

ストレスのレベルを表すコルチゾール

ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールは、

仕事や人間関係などによる過度なストレスが多くかかった時に多く分泌されるホルモンで、

副腎皮質から分泌される「副腎皮質ホルモン」の一種です。

 

女性が社会に出て男性と対等に働くようになり、

このストレスホルモンのコルチゾールが多く分泌する女性が多くなってきています。

 

コルチゾールは、タンパク質や脂質、炭水化物などの栄養素の代謝を促す作用があり、

人間の体にとっては必要不可欠な成分です。

 

しかし、このコルチゾールが高すぎると、

ストレス状態が続いたり、うつ病になったりしてしまいます。

 

コルチゾール値が高いと女の子が生まれやすい

アメリカ生殖医学会の年次報告によると、

妊娠前にコルチゾール値が高い女性の約半数は、女の子を生みやすいとの発表がありました。

 

さらに、フロリダ州オーランドの学会報告によると、

ストレスが高い女性は75%も男の子を生みにくいという研究結果が出ているそうです。

 

ということは、産み分けで女の子が欲しい場合は、

ストレスを多くかけたほうがいいということになります。

 

しかし、自分から進んでストレスの多い場に身を置くことは誰もしたくないと思いますので、

これは産み分けに取り入れるのは少し難しいかもしれません。

 

男の子の産み分けをするならストレスフリーな生活を!

ただし、男の子の産み分けをする場合には有効活用できそうです。

 

女性が最近ストレスを感じているな、と思った場合には、

なるべくストレス発散できるような生活を送るとよいでしょう。

 

友達とランチに行ったり、スポーツをしたり、好きな趣味に没頭したりと、

できるだけコルチゾール値を下げるような生活を送ることにより、

男の子が生まれやすくなる可能性があります。

 

良く、跡継ぎのプレッシャーを感じるほど男の子が生まれないと言われますが、

それはプレッシャーを感じることにより、コルチゾール値が高くなり、

女の子が生まれやすくなっているのかもしれません。

 

女の子が欲しい場合には、

新しい環境に身を置くなど、少しストレスのかかる生活を送ってみると、

産み分けの確率が上がるかもしれません。

 

ですが、妊娠にはストレスは大敵ともいわれていますので、

過度なストレスを無理やり与えることはしないようにしましょう。


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

アメリカ式産み分け法 女の子の産み分け   コメント:1

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る