女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

パーコール法での産み分けは9層より12層の方が確率が高くなる?

読了までの目安時間:約 3分

 

病院

産み分けの方法には、自宅でも行える、
タイミング法、酸・アルカリ法の他に、

 

人工授精で行う、パーコール法というものがあります。

 

>>産み分けの人工授精パーコール法

 

パーコール法とは、旦那さんの精子を遠心分離器にかけ、

下の方にたまった精子には女の子が多いと言われているので、

その下の方の精子だけを使用し、人工授精する方法です。

 

この方法は病院に通わないといけないので、

仕事で忙しい人や、周りに病院がない人には実践するのが難しいですが、

 

タイミング法や、酸・アルカリ法よりも少し成功率が高くなるといわれているので、

どうしても女の子の産み分けがしたい、という人にはおすすめの方法です。

 

産み分けでのパーコール法を行う際には、

9層に分離する方法と12層に分離する方法が主に実施されています。

 

9層と12層の違いは?

パーコール法の9層と12層の違いは、

精子をどれだけ細かく分けれるかの違いだけです。

 

9層よりも12層の方が当然精子を比重別に細かく分離でき、

女の子と思われる、重い精子をより正確に分離しやすいので、

産み分け成功率も9層より12層の方が若干高いようです。

 

パーコール法12層は実施している病院が少ない

となると、どうせなら9層より12層の方が、

女の子を産み分けできる確率が高くなるのでいいですよね!

 

しかし、現在12層のパーコール法を実施している病院はかなり少ないです。

 

そのため、12層のパーコール法で産み分けがしたくても、

自宅から通える距離ではなかったりすると、やはり難しいです。

 

ですので、9層のパーコール法にかけるしかない!という人も多いです。

 

中には遠方から通う人も!

どうしても産み分けの確率を上げたい!という人の中には、

九州地方から12層のパーコール法を行っている東京の病院まで、

飛行機で通院している人がいるとも耳にしました。

 

すごい努力ですよね!!

 

普通の人は仕事があったり、お金もかかるので、なかなかできませんが、

9層でもそこまで成功率は変わらないという医師もいるほどですので、

9層のパーコールに挑戦してみるのもおすすめです。

 


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

女の子の産み分け   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る