女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

ピンクゼリーの変わりに酢水が良い?

読了までの目安時間:約 4分

 

女の子の産み分けでは、

膣内を酸性にするために、ピンクゼリーを用いますが、

 

ピンクゼリーって1本で10,500円と、少し高いですよね。

 

そこで、ピンクゼリーの代わりにお酢を利用して作った、

酢水で代用できるといわれているのですが、

 

果たして本当にピンクゼリーと同じような効果を期待できるのでしょうか?

 

酸性とアルカリ性って?

酸性やアルカリ性というのは、水溶液の性質の名前で、

だいたいのが、酸っぱい物は酸性に分類され、

苦い味のするものがアルカリ性に分類されます。

 

酸性かアルカリ性かを判別するために、PH(ペーハー)という値が用いられており、

PH0~14までに分かれています。

 

そのうち、PH7を中性とし、

PH7未満を酸性、PH7以上をアルカリ性としています。

 

酢は酸性

お酢は、PH2.4~PH3.0で、酸性に分類されますので、

それを利用して、ピンクゼリーの代わりにしている人もいるそうです。

 

ただし、市販のお酢をそのまま使用してしまうと刺激が強いので、

水で薄めて使用する方法をおすすめします。

酢水の作り方

産み分けに使用する酢水の作り方は簡単で、

1合のぬるま湯に対して、小さじ1杯の酢を薄めるだけです!

 

その酢水を、性交の15分前に膣に注入し、膣洗浄を行ってください。

 

お酢はスーパーなどで手軽に購入できますし、

値段も安いので、

 

ピンクゼリーを買う余裕がない場合は、酢水で代用するのもありかと思います!

 

酢水を使用する際の注意事項

酢水は自宅簡単に作れるので、産み分けに手軽に用いることができますが、

気を付けていただきたい点がいくつかあります。

濃度を守る

酸度が高いほうが良いからといって、

水で薄める際に濃度を高くしてしまっては、

 

膣に対して刺激が強すぎて、炎症などを起こしてしまう可能性もあります。

 

ぬるま湯1合に対して、お酢小さじ1という分量は必ず守るようにしましょう。

 

なるべく化学調味料などが入っていない物を選ぶ

スーパーでは様々なお酢が売られていますが、

中には砂糖の入ったものや、化学調味料の入った物もあります。

 

産み分けでお酢を使用する際には、

そういった余計なものが入ったものを選ばず、

 

なるべく原材料の少ない、無添加のお酢を選ぶようにしましょう。

 

ピンクゼリーの代わりにはハローベビーゼリーがおすすめです!



⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

女の子の産み分け 産み分けQ&A   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る