女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

不妊治療と産み分けの両立は可能?

読了までの目安時間:約 4分

 

赤ちゃん

現在、なんらかの原因で不妊症となり、

婦人科に通いながら治療している患者さんは50万人を超えるとも言われています。

 

女性の男性と同様に社会に出て働くようになり、

結婚、出産がどうしても遅くなってしまい、

そのため30代後半になり、いざ赤ちゃんが欲しい!と思っても、

なかなかできないことが多いようです。

 

そんな、不妊治療を行いながら、

子供の性別を産み分けるなんて贅沢!と思う人も多いかもしれませんが、

どんな夫婦でも、子供の性別の希望はありますよね。

 

実際、不妊治療をしながら産み分けすることは可能なのでしょうか?

 

タイミング法での女の子の産み分けは難しい

不妊治療の一つに、産婦人科に通いながら、排卵チェックをしてもらい、

排卵日を予測してもらい、その日に性交する、という方法がありますが、

 

この方法だと、どうしても排卵日を狙うことになりますので、

男の子の産み分けには良い条件ですが、

排卵日2日前を狙う女の子の産み分けには適さない状況なので、

女の子の産み分けは少し難しそうです。

 

不妊症ではない夫婦でも、

女の子の産み分けは排卵日を外すので、

1年間は見ておいた方がいいとも言われています。

 

ですので、不妊症の患者さんならさらに妊娠する確率が低くなりますので、

産み分けと妊娠、どちらを優先するか、考えて行った方が良いかと思います。

 

人工授精はパーコール法を行うと女の子の産み分けができる!

自然妊娠が難しい夫婦は、

不妊治療のステップアップで、人工授精を行うという選択があります。

 

この人工授精をする時に、

パーコール法で、精子の比重が重い物のみを使用して施術してもらうと、

女の子の産み分けをすることができそうです。

 

ただ、パーコール法を行うと、精子の量が減りますので、

普通の人工授精よりは、妊娠率が下がると考えておいたほうがよさそうです。

 

体外受精は産み分け不可能

人工授精でも妊娠できないとなると、

次のステップアップは体外受精ですが、

 

体外受精は酸・アルカリ法、タイミング法も通用しないので、

産み分けは不可能かと思います。

 

体外受精までステップアップすると、お金も当然かかってきますので、

もう性別はどちらでもいいから子供を授かりたい!

と思う夫婦が多いようです。

 

産み分けと不妊治療を両方行うということは、

妊娠率を下げてしまう可能性がありますので、

どちらに重点を置くか、夫婦で良く話し合ってから治療を勧めることをおすすめします。


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

女の子の産み分け   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る