女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

凍結精子はX精子が多く、女の子の産み分けに有利になる?

読了までの目安時間:約 3分

 

女の子

不妊治療中の方はご存じかと思いますが、

不妊治療で人工授精や体外授精を行う際に、

旦那さんの都合がなかなか合わせれない場合に、

精子を凍らせておく、という技術があります。

 

これを「凍結精子」と呼びますが、

この凍結精子はX精子が多く確率が高いという話を聞きました。

 

なぜ凍結精子にはX精子が多くなるの?

精子を凍結させると、

精子にはものすごく負担がかかります。

 

そして解凍され、人工授精や体外授精に使用されるのですが、

その解凍にも負担がかかると言われています。

 

ですので、凍結解凍する際に、

もともと弱いと言われているY精子が弱り、X精子のみが残るのではないか?

と言われているそうです。

 

これは体外受精を行っている医療従事者の方に話を聞いたので、

詳しいソースや文献は見当たりませんでしたが、

Y精子とX精子の特徴を考えても、これは正しいような気がしています。

凍結精子を女の子の産み分けで利用するには?

産み分けには、

自然妊娠でおこなう方法と、人工授精のパーコール法でおこなう方法と、

体外授精の着床前診断でおこなう方法がありますが、

 

人工授精、体外授精でおこなう際に、

フレッシュな精子ではなく、凍結精子を用いて行うことにより、

X精子が残りやすく、女の子になる確率が高くなるかもしれない!ということです。

 

不妊治療中の方は妊娠率が下がることを頭に置いて

ただし、凍結精子を利用しての人工授精、体外授精は、

精子の運動率が下がるため、妊娠率自体は下がってしまいます。

 

ですので、不妊治療中で妊娠を優先したい方は、

凍結精子よりは、フレッシュ精子を使用しての人工授精、体外授精の方が、

精子の状態が良いので、早く妊娠できるかもしれません。

 

産み分けを目的としたパーコール法を行うのであれば、

あえて凍結精子を利用して人工授精をする、という方法もありかもしれません。

 

 


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

女の子の産み分け   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る