女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

女の子の産み分けでは排卵日までは週2回性交しておく

読了までの目安時間:約 2分

 

女の子の産み分けでは、

x精子を増やしておくと確率がアップします。

 

では、排卵日二日前までには、

どのくらい性交しておくとよいのでしょうか。

 

生理終了後から、週2回以上は性交しておく

精子は射精せずに溜めておくと、

どんどんY精子の割合が高くなってきます。

 

ですので、男の子の産み分けでは、5日間禁欲するのが良いと言われていますが、

 

女の産み分けの場合は、

生理終了後から、最低でも週2回は射精しておくとよいでしょう。

 

産み分けをする人の間では、よく「精子を薄める」という言葉が使われています。

 

精子は、射精せずに溜めておくと

蓄えきれない分は自然に体内に吸収されますが、

その時新たに生産される精子にはY精子が多くなると言われています!

 

ですので、あまりにも性交回数が少ないと、

Y精子の方が多くなってしまい、男の子ができる可能性があがってしまいます。

 

それを避けるためにも、週2回の射精を忘れないようにしてください。

 

性交しすぎもNG

だからと言って、毎日のように射精するのも良くありません。

 

あまり射精しすぎると、精子の生産が追い付かず、量が減ってしまいます。
その結果、妊娠率そのものが下がってしまう可能性が高くなってしまいます。

 

そうなると、産み分けしているのに、なかなか妊娠できないので、
産み分け自体をあきらめてしまうことになってしまうかもしれません。

 

ですので、精子の数を減らさないためにも、
適度な回数で抑えておきましょう。


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

女の子の産み分け   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る