女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

女の子の産み分けで回避できる遺伝性の病気

読了までの目安時間:約 3分

 

本来、産み分けの目的は、
遺伝性の病気の子供を産まないようにするために行われていたものです。

 

人間は、染色体により、親から子供へありとあらゆる遺伝情報が伝わって行きます。

 

親が遺伝性の病気を持っていた場合、子供にも伝わってしまいますが、
中には男の子にしか伝わらない病気、女の子にしか伝わらない病気が存在します。

伴性遺伝の病気の場合は産み分けで女の子を

伴性遺伝とは、X染色体に病気の遺伝子が付くもので、
男の子はXとYの染色体が1本ずつセットになっているため、
X染色体に異常がある場合は、そのまま症状として現れてしまいます。

 

しかし、女の子はXX染色体ですので、
どちらか一方のX染色体に異常があったとしても、
もう一つに異常がなければ、症状として表れることはありません。

 

たとえば母親が血友病の遺伝子を持っていた場合、
生まれてくる子供が男の子の場合、50%の確率で血友病があらわれる可能性があります。

 

しかし、女の子が生まれてきた場合、50%の確率で血友病の遺伝子を持つ可能性もありますが、
発症する可能性は0%なのです!

 

こういう場合、産み分けで女の子を授かれるように挑戦してみると良いでしょう。

 

伴性遺伝の病気には、血友病、夜盲症、仮性肥大症、筋萎縮症などがあります。

色覚障害を持っている場合は産み分けで男の子を!

赤緑色覚障害とは、赤と緑が識別できない病気です。

日本では、約200万人の男性がこの病気の遺伝子を保有しています。

 

たとえば父親が色覚障害の場合は、
女の子にだけ伝わり、
その子が将来、男の子を生んだ場合、遺伝で色覚障害になってしまいます。

 

色覚障害の遺伝子はX染色体にあるので、
男の子を産むと、色覚障害の遺伝子は伝わりません。
そのため、のちのち孫にまで遺伝することもありません。

 

ですので、この場合は、産み分けで男の子を授かれるように挑戦するのが良いといえます。

 

どちらも命にかかわるような重い病気ではありませんが、
日常生活に支障をきたすことも多いので、
できれば子供に遺伝させたくありませんよね。

 

こういう病気を発症している方は、産み分けに取り組み、
少しでも希望の性別の子供が生まれる確率を上げてみるのがよいかもしれません。


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

女の子の産み分け 産み分け基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る