女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

女の子の産み分けは排卵日の2日前に性交を!

読了までの目安時間:約 3分

 

0-53

女の子の産み分けは、

男の子の産み分けよりも難しいと言われていますが、

 

その原因の一つとして、

排卵日の2日前に性交しなければならない

ということが挙げられます。

 

なぜ、排卵日の2日前に行わなければならないのでしょうか。

 

X精子はY精子よりも長生き!

男性の精子には、

受精すると男の子になるY精子と、

女の子になるX精子がありますが、

 

X精子の寿命は、Y精子よりも長いと言われています!

 

Y精子の寿命が24時間と言われているのに対して、

X精子は2~3日、中には1週間生き延びる精子もいるそうです!

 

この原理を利用して、

女の子が欲しい場合は、

排卵日の2日前に性交を行ないます。

 

すると、排卵日になり、受精可能状態になった時に、

女性の体内に生き残っている精子はX精子の割合が多くなります。

 

ですので、X精子が受精しやすくなり、女の子が生まれる確率が高くなる!というわけです。

 

排卵日当日は性交を避ける

排卵日の2日前を狙うのが女の子の産み分けですが、

 

逆に、排卵日当日は男の子ができやすくなってしまうので、

女の子の産み分けをする場合は、

 

排卵日当日の性交は避けてください!

 

それか、きちんと避妊をして行うようにしましょう。

 

でないと、せっかく排卵日2日前にタイミングが取れたのに、

排卵日にも性交してしまうと、

せっかくの努力が水の泡です!

 

逆に男の子を授かる可能性が上がってしまうので、

後悔しないためにも、排卵日当日は性交を避けるか、避妊をきっちりしましょう。


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

女の子の産み分け   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る