女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

女の子を生むための食事とは?

読了までの目安時間:約 4分

 

自己流の産み分けをするにあたって重要なのは、
性交するタイミングと、膣内を酸性、またはアルカリ性に傾けることですが、
少しでも産み分けの成功確率を上げたい場合は、
食事療法も試してみるのがおすすめです。

 

では、女の子を生むための食事とはどんな食事でしょうか?

体を酸性体質に傾ける

女の子の産み分けをする場合は、

「女性の体を酸性体質に傾ける」ような食事を摂ることが重要となります。

 

これは、女の子のもととなるX精子が、酸性の環境を好むので、

膣内、子宮内が少しでも酸性に傾くことを期待するためです。

 

肉・魚などの動物性タンパク質を多く食べる

女の子が欲しい場合、積極的に食べていただきたいのが、

お肉や魚、卵などの動物性タンパク質の食べ物です。

 

これらの動物性タンパク質の食事は「酸性食品」に分類される食事です。

お肉や魚を多く食べることにより、体内が酸性に傾き、

女の子が生まれやすいのではないかと言われています。

 

ただし、お肉は脂身を多く摂ってしまうと、肥満の原因にもなり、

肥満は不妊の原因につながり、産み分けどころか妊娠しにくくなってしまうので、

なるべくむね肉や、ささみなど、脂身の少ないお肉を食べるようにしましょう。

 

アルカリ性食品を少なめにする

女の子の産み分けをする場合は、体内を少しでも酸性に傾けたいので、
できるだけアルカリ性食品を少な目に食べるようにしてください。

 
2013y12m13d_232905908
主なアルカリ性食品とは、

 

とうもろこし

野菜
豆類
果物
わかめ、昆布などの海藻類

 

などが挙げられます。

 

ただし、アルカリ性食品は見て分かる通り、健康に良い食品ばかりです!

産み分けしたいがために、

アルカリ性食品を一切食べないと、健康を害するおそれがありますので、

食べ過ぎに気を付ける程度にしておき、

適量はきちんと食べるようにしましょう。

 

男性はカフェインを避ける

女の子の産み分けをする際、男性の食事療法は女性と反対で、

アルカリ性食品を多めに摂り、
酸性食品を少なめにすると良いそうですが、

あまり根拠はなさそうなので、さほど気にしなくてもよさそうです。

 

ただし、ひとつだけ気を付けて頂きたいのは、

性交する30分以内はカフェインの入った飲み物は禁止してください!

 

カフェインは男の子のもととなるY精子の動きを活発にさせる働きがあるので、

性交する前にコーヒーや紅茶を飲んでしまうと、

Y精子が活発に動いてしまい、男の子ができる確率が高くなってしまいます。

 

カフェインは緑茶やコーラなどにも含まれていますので、

性交する前は、飲み物に気を付けるようにしましょう。

 

産み分けで食事が影響する割合は5%ほどと言われてますが、
後悔しないためにも、できるだけのことはして産み分けに臨みましょう!

 


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

女の子の産み分け 産み分け基礎知識   コメント:1

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る