女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

女性が高齢出産だと女の子を授かることが多い?

読了までの目安時間:約 3分

 

家族

最近では、女性の社会進出により、

35歳以上で出産をする、高齢出産の女性も増えてきました。

 

こういった、高齢出産を行う女性の子供は、女の子が多い

とのうわさがあります。

 

そのうわさに根拠はあるのでしょうか?

 

男性ホルモンのテストステロンが関係

筋トレ

 

女性が高齢出産だと女の子が生まれやすい、とのうわさには、

男性ホルモンであるテストステロンが関係してあるようです。

 

テストステロンは女性にもある男性ホルモンで、

年齢とともに減少していくことが確認されています。

 

女性に、このテストステロンというホルモンが多いと、

男の子が生まれやすいと言われており、

 

反対に、テストステロンが少ないと、

女の子が生まれやすいと言われています。

 

そのため、高齢出産の女性はテストステロンが少なくなっているので、

女の子が生まれやすいのでは?とうわさされているようです。

 

参考記事:女性の男性ホルモンが多いと男の子が生まれやすい? 

高齢出産にはリスクが大きい

出産しかし、女の子が欲しいからといって、出産する時期を遅らせ、

わざわざ高齢出産で生むことはリスクが大きいので、

できれば早めに妊娠出産をすることをおすすめします。

 

高齢出産の場合、

まず妊娠したくてもなかなかできない不妊症にかかる確率が高くなります。

 

そして、無事妊娠できた後も、

妊娠高血圧症などの妊娠中毒症にかかる確率も高くなってしまいます。

 

さらに、高齢出産の場合、染色体異常の卵子が増えることにより、

ダウン症などの障害のある赤ちゃんが生まれてくる確率も年齢と共に高くなってしまいます。

 

このように、高齢出産にはたくさんのリスクが伴いますので、

なるべくなら早めに妊娠できるよう努力し、

女の子が欲しい場合は、違う方法で、産み分けをトライした方がよさそうです。

 


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

女の子の産み分け 産み分け基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る