女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

女性の男性ホルモンが高いと男の子が生まれやすい?

読了までの目安時間:約 4分

 

アメリカ式の産み分け方法では、

子供の性別は夫婦のホルモンバランスによって決まると言われています。

 

その中でも、特に男性ホルモンが高いと男の子が生まれやすいとのことです。

 

男性ホルモンとはどのようなものでしょうか?

テストステロンとは

テストステロンとは、 男性ホルモンの一種で、モテフェロモンとも言われています。

男性がテストステロンが高いと男らしく見えたりします。

 

筋トレを多くしていて筋肉質な男性にも多く分泌されるなど、

男性にとっては必要不可欠なホルモンです。

 

テストステロン男性だけではなく女性の体にも存在していて、

やる気を促進してくれたり、健康維持にも役立ってくれるようです。

 

女性の体には男性ホルモンは女性ホルモンの10倍ぐらいあるそうですので、

女性にも大いに関係しているホルモンです。

 

テストステロンの量で子供の性別が決まる?

そのテストステロンですが、

女性の体にテストステロンが多いと、男の子が生まれやすいという研究結果があるようです。

 

さらに、男性がストレスを受けると、体内のテストステロンが減ってしまいます。

すると女の子を授かりやすくなるそうです。

 

ということは、

夫婦ともにテストステロンを減らす努力をすると、

女の子が生まれやすくなるということです!

 

この原理を利用して、タイミング法の産み分けに加えてみると、

産み分けが成功する確率も高くなりそうです。

 

テストステロンの増やし方

では、どうすればテストステロンを増やすことができるのでしょうか?

睡眠を多くとる

ストレスが多いとテストステロンは減ってしまいます。

 

ですので、

しっかりと良く眠ることで、疲労やストレスが解消され、テストステロン値は高くなります。

 

睡眠不足はテストステロン値が低くなるようですので、

毎日たっぷりの睡眠を心がけてみるようにしてください。

 

食事にはネギ類を多く摂り入れる

長ネギ・玉ねぎ・にんにくなどのネギ類を食事で摂ると、

テストステロン値を高くする効果があるとの研究結果があります。

 

特に玉ねぎに含まれるケセルチンという成分が良いそうで、

毎日2分の1個食べると効果が高く現れるようです。

 

刺激のある生活を送る

毎日の生活にワクワク感があったり、適度な刺激がある生活を送っていると、

テストステロン値は高くなります。

 

特に、スポーツなど、勝ち負けを競う事や、恋愛をしていたりすると、

刺激になり、テストステロン値は高くなるようです。

 

ただし、過度な刺激はストレスの元となってしまいますので、

あくまでも自分が楽しめる範囲での刺激がよさそうです。

 

産み分けを成功させるために、テストステロンをコントロールしてみましょう!


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

アメリカ式産み分け法 女の子の産み分け 男の子の産み分け   コメント:4

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る