女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

長野県大町市内に産み分けができる水がある?!

読了までの目安時間:約 3分

 

男清水

長野県大町市の道端に、
男清水」と「女清水」と看板が立てられた湧き水があり、
それを飲むと、生まれてくる子供の性別を産み分けられるといううわさがあります。

 

いったい、なぜそのようなうわさが立ったのでしょうか?

大町市の水と産み分けにまつわる伝説

男清水長野県大町市は、もともとアルプスの町でもあり、
水に関係する伝説がいろいろあるそうです。

 

その中でも、昔、大町市に集落ができたばかりのころ、
街道を挟んで東側の家庭には女の子ばかり生まれ、
反対に西側の家庭には男の子ばかり生まれるという現象が起こったそうです。

 

そのことから、東側の水を「女清水」西側の水を「男清水」
と呼ぶようになったそうです。

 

標高約900mの里山居谷里から出る湧き水が「女清水」
標高約3000mのアルプスの上白沢の湧水が「男清水」だそうです。

両方の水を合わせて流すようになった

しかし、これでは、男の子ばかり生まれたり、女の子ばかり生まれたりして、
困ってしまうということで、

 

東側と西側の住民が話し合い、間に川を作ることで、
両方の水を合わせて流すようにしたそうです。

 

その結果、子供の性別も偏りなく、
男女仲良く暮らすようになったと言われています。

今では産み分けを希望する人たちの観光名所に

女清水この、「女清水」と「男清水」の二つの水を合わせると、
縁結びの水」または、「夫婦円満の水」と呼ばれるそうで、

 

全国から子宝に恵まれたい人、
また希望の性別の子供を授かりたい夫婦が訪れるそうです。

 

そして、この湧水が飲めるところは一か所ではなく、
街中にところどころ水場があり、
誰でも自由に飲めるようになっています。

 

産み分けを希望している方は、

産み分けできる神社と合わせて、旅行がてら訪れてみるのはいかがでしょうか?

 

願掛けのようなものかもしれませんが、

産み分けをする際には後悔しないことが大切ですので、

できるだけのことはやっておくという意味でも、

この「男清水」「女清水」を飲んでおくと良いかもしれません。

 


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

産み分けできる神社   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る