女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

排卵痛で排卵日を予測する

読了までの目安時間:約 4分

 

排卵日を予測する方法には、

 

基礎体温から予測する方法と、

頸管粘液(おりもの)で予測する方法の他に、

 

排卵痛で予測する方法があります。

 

排卵痛とは

排卵痛とは、その名の通り、卵巣から卵子が排卵する時に起きる痛みです。

 

卵巣の中にある、卵胞は、

約2週間かけて成熟した後、脳下垂体にホルモンを出します。

 

その後、脳下垂体から卵胞に、「黄体形成ホルモン」が分泌されます。

そのホルモンによって、卵胞が破裂し、卵子が飛び出します。

 

これを排卵と言いますが、

卵胞が破裂する際に、多少の痛みを感じます。

 

この痛みを排卵痛と言い、排卵がいつ起こったか予測する目安になります。

 

排卵痛が無い人もいる

産み分けをするにあたって、

排卵日を見極めるのはとても重要なので、

排卵痛はとてもわかりやすく、排卵日を知る良い目安となりそうですが、

 

排卵痛は誰でも感じるわけではありません!

 

排卵痛を感じる人は、100人中15人しかいないというデータもあるほどです。

 

ですので、痛みを感じる人だけが、

排卵日を予測するのに利用できる方法だと言えそうです。

 

排卵痛は排卵の5~6時間前に起こることが多い

排卵痛は、いつ起きるのかというのは、

人それぞれなので、はっきりとは決まっていませんが、

 

だいたい、排卵の5~6時間前に痛みが起きる人が多いようです。

 

しかし、人により体質は違ってくるので、

中には1日前から排卵痛を感じる人もいるようです。

 

ですがどっちにしろ、排卵痛が起こったということは、

もうすぐ排卵が起こる」という目安になるので、

 

女の子の産み分けを実践している人は、

排卵痛を感じたら、それ以降の性交は避けたほうがよいでしょう!

 

逆に、男の子の産み分けを実践している人は、

その日がチャンスになるので、

産み分けの性交を行なう日に適していると言えそうです。

 

排卵痛を基礎体温表にチェック

人によって、排卵痛を感じる時間が違うので、

自分の体のサイクルを知るためにも、

 

基礎体温表に排卵痛のあった日をチェックをしておくと、

基礎体温表での排卵日予測と、排卵痛での排卵日予測の関係性を知ることができます!

 

毎月チェックしていると、関係性が分かってくるので、

忘れずに記入しておきましょう。

 


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

産み分け準備   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る