女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

産婦人科で排卵チェックをしてもらうのが一番確実

読了までの目安時間:約 3分

 

排卵日を自分で予測するには、

 

1.基礎体温表を付ける

2.排卵痛を確認する

3.頸管粘液(おりもの)チェックをする

4.排卵検査薬を使用する

 

などがありますが、

最も確実に排卵日を知るには、

 

産婦人科の医師に診察してもらうのが一番です!

 

排卵日は超音波検査で確実に分かる!

産婦人科に行くと、

妊婦健診などで利用される超音波(エコー)がありますが、

 

このエコーで、卵巣、卵胞の状態を見ることにより、

排卵日を予測することが可能です。

 

不妊治療で婦人科に通われている方は、

超音波検査で確実に排卵日を見てもらい、妊娠しやすい日を特定してもらっています。

 

卵胞の大きさが重要

卵子の入っている卵胞は、普段は2~3mmと、小さいのですが、

排卵に向けて、一日に1mm~2mmずつ大きくなり、

 

排卵日2日前には、16mm~17mmほどの大きさになります。

そして、20mmぐらいで排卵する人が多いようです。

 

女の子の産み分けをするには、

排卵日2日前を予測しなければなりませんが、

これは、自己流の排卵チェックだと誤差がある場合もあるので少し難しいです。

 

ですので、産み分けに失敗したくなく、確実に排卵日2日前を狙いたい!

という方は、きちんと産婦人科でチェックしてもらうのがおすすめです。

 

排卵は血液検査でも分かる

さらに確実に排卵日を知りたいという方は、

血液検査をするとより詳しく身体の状態を知ることができます。

 

ですが、一般的な産み分けをするための検査であれば、

超音波検査までにとどまり、血液検査をする人は少ないようです。

 

生理がだいたい順調にきている人であれば、

自己流チェックでも80%くらいの確率で、排卵日を知ることができるので、

 

まずは自分でできる排卵チェックをしてみて、

それでも不安がある人は、産婦人科で産み分け相談をしてみると良いでしょう。

 


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

産み分け準備   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る