女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

カリウムの摂取は男の子の産み分け、女の子の産み分けどちらに有利なの?

読了までの目安時間:約 3分

 

バナナ

産み分けをする際、
カリウムの摂取について考えている人はあまりいないかと思います。

 

ですが、アメリカでは、男性がカリウムを摂取すると男の子が生まれやすいとされているのです。

 

でも、日本では男性がバナナを食べると女の子が産まれやすいとされていますよね。
一体どちらが正しいのでしょうか?

 

考え方の違い

日本では、旦那さんが毎日バナナを1本食べると女の子が産まれやすい、

など、良く効きますよね。

以前テレビでも放送されていました。

 

⇒女の子の産み分けには男性が毎日バナナを食べると良い?

 

この理由については、バナナはアルカリ性の食べ物なので、

食べると体質がアルカリ性に偏り、女の子ができやすい、とのことでした。

 

しかし、アメリカでは男性がカリウムを摂取すると、

Y精子が増え、男の子を妊娠しやすくなると言われています。

 

どちらを信じるか迷ってしまいますよね。。

 

陰陽の考え方では?

私が信じている、陰陽での産み分けでの考え方に当てはめると、

バナナは陰性の食べ物で、からだを冷やす性質があります。

 

女の子の産み分けでは、旦那さんに陽性の食べ物(肉、魚、卵など)を食べてもらい、

元気を付けてもらわなければいけないので、

陰陽での産み分けで考えると、バナナは食べない方が良いかと思います。

 

⇒東洋医学の陰陽で産み分けとは?

 

何を信じるか、どうするかは最終的には自分で決断しなければなりませんが、

私としては、毎日バナナを1本かかさず食べる、という極端なことはせず、

たまに食べるぐらいならそこまで問題ないと思うので、

バナナについてはあまり意識せず、食べたい時に食べればいいのではないかな?考えています。

 

ちなみに・・・

 

私の主人は毎朝ハムチーズトースト、バナナ、牛乳をここ5~6年ほど毎日欠かさず食べていますが、

男の子も女の子も産まれています!

 

 


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

産み分け基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る