女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

バイオリズムでの産み分け方法とは?

読了までの目安時間:約 4分

 

バイオリズム

当サイトでは、

タイミング法での産み分けと、酸アルカリ法での産み分けを主に紹介していますが、

その他に、

バイオリズムで産み分けする方法」というのがあります。

 

バイオリズムとはいったい何でしょうか?

 

バイオリズムとは

バイオリズムとは昔から伝えられている、人間のコンディションを判断する周期で、

人間は、大きく3つに分けると、

身体感情知性の3つの要素からコンディションが決まっているそうです。

 

身体は23日周期、感情は28日周期、知性は33日周期で、

常にアップダウンを繰り返しています。
バイオリズムはこちらのサイトから診断できます。

バイオリズムで産み分けする方法

では、このバイオリズムで産み分けする方法をご紹介します。

 

バイオリズム参考URL:http://www9.ocn.ne.jp/~cebu/p3.html

 

上記のグラフはバイオリズムのグラフです。

 

バイオリズムで産み分けをする場合、は「身体:P」と「感情:S」のみを使用します。

知性:I」は産み分けでは使用しませんので、

この場合は無視してかまいません。

 

この「身体:P」と「感情:S」のグラフ線が、

身体感情の場合は男の子が生まれやすく、

身体感情の場合は女の子が生まれやすくなると言われています。

 

なぜバイオリズムで産み分けができるの?

では、なぜバイオリズムで産み分けができるのかというと、

身体リズムが上昇している時は、

女性の体の頸管粘液がアルカリ性に傾き

そのため男の子となるY精子が受精しやすくなるそうです。

 

反対に、身体リズムが下降している時には、

女性の体の頸管粘液が酸性に傾き

そのため女の子となるX精子が受精しやすくなるそうです。

 

バイオリズムでの産み分けの確率は、80%程度と言われています。

 

バイオリズムの要注意日は産み分けトライは避ける

バイオリズムグラフを見てもらうと、
グラフの上下を挟んで真ん中のラインに、リズムのグラフが来る日は、
要注意日となり、体調を崩しやすかったり、事故に合いやすくなったりするそうです。

 

そのため、産み分けトライ日が要注意日にあたる場合は、
なるべく性交を避け、次回挑戦に先延ばしした方が良いそうです。

 

要注意日に産み分けの性交をし妊娠した場合、流産する人も多いそうです。

 

日々のバイオリズムをチェックしておき、
今月は産み分けにトライできそうか、できなさそうかを確認しておくとよいかもしれません。


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

産み分け基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る