女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

婦人科系の病気を治療しておく

読了までの目安時間:約 4分

 

005

産み分けをすると決めたら、

できれば婦人科系の病気をすべて治療してから行うほうが良いでしょう。

 

子宮や卵巣が健康でなければ、

なかなか妊娠せず、焦って産み分けをやめてしまう原因にもなりかねません。

 

女性が気を付けたい婦人科系の代表的な病気は次の通りです。

 

子宮筋腫

子宮筋腫は多くの女性がかかる病気で、

子宮内外に、腫瘍ができてしまう病気です。

 

腫瘍自体は陽性なもので、命に関わるようなことはありませんし、

他の臓器に転移することもありません。

 

ですが、放っておくとどんどん大きくなり、

ひどいと数十センチにまでなってしまいます。

 

それに、子宮筋腫があると、なかなか着床しない・・・

といった、不妊症になる可能性が高くなると言われています。

 

子宮筋腫を発見したら、産み分けをするためにも、

はやめに治療をした方がよいでしょう。

 

卵巣嚢腫

卵巣がなんらかの原因で腫れてしまう病気です。

主に、液状成分が溜まって腫れていることが多いです。

 

この病気も排卵障害がおこったりしてしまうので、

早めに治療することをおすすめします。

 

産み分けには排卵日を見極めることが重要なので、

排卵障害が起こり、排卵が不規則になると、

産み分けが極めて困難になります。

 

ですので、できるだけベストな状態で産み分けをするためにも、

婦人科に通い、きっちり治しておく方がよいでしょう。

 

子宮内膜症

子宮内膜症とは、

本来なら子宮にしかない内膜が、

子宮以外の場所で増殖したり、剥離したりする病気です。

 

症状は月経痛がとても重いのが特徴で、

痛み止め薬が効かず、ひどい人は寝込んでしまったりするそうです。

 

月経痛が日に日に痛くなっていく・・などと、

異常を感じたら早めに婦人科に行くようにしましょう。

 

産み分けするなら婦人科へ行き早期発見を!

産み分けするしないにかかわらず、

こういった病気を早期発見するためにも、

定期的に婦人科へ行き定期検診をしてもらうことをおすすめします。

 

婦人科系の病気の中には、症状が現れないものも多いので、

エコーなどで見てもらわないと病気が発見できません。

 

病気が見つかったら、産み分けどころか、

妊娠も難しくなってしまう可能性もありますので、

1年に1度は子宮がん検診もかねて、婦人科で見てもらいましょう。

 


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

産み分け基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る