女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

戦争中は女の子の出生率が上がる

読了までの目安時間:約 3分

 

戦争

現在の日本は戦争は行われておらず、

他国と比べても比較的平和な毎日を送ることができています。

 

ですが、他国ではまだまだ戦争中、戦後間もない国も少なくなく、

ストレスにさらされた人々も多くいます。

 

そういった、戦争中、戦後など、

過度なストレスがかかると、「女の子が生まれやすい」という説があります。

 

これはいったいどういうことなのでしょうか?

 

戦争はかなりのストレスがかかる

日本人で、戦争を体験している人は少なくなってきましたが、

戦争中というのは、日々の暮らしにおいても、

かなりのストレスがかかっている状態だと思われます。

 

いつ襲撃されるか分からない、明日の命もあるか分からない、

また食べ物に困ったり、住むところに困っている人々もいるかと思います。

 

そういった、緊張感の中で生活していると、

強いストレスにさらされ、コルチゾールという物質が多く分泌されます。

 

このコルチゾールが女性に多く分泌されていると、

女の子を生む確率が高いと言われています。

 

>>ストレスが多い女性は女の子を産みやすい

>>芸能人が女の子を出産する人が多い理由

 

ですので、戦争中、戦後は、女の子が生まれる確率が高くなるようです。

 

ニューヨーク同時多発テロ後も女の子出生率が増加

2001年、アメリカのニューヨークで起こった、同時多発テロの後も、

男の子の出生率が急に減り、女の子が多く生まれたそうです。

 

これも、ニューヨークの人々が過度のストレスを感じてしまい、

コルチゾールが多く分泌され、女の子が生まれやすくなったのでは、と言われています。

 

かといって、

日本でも戦争やテロが起きてしまっては困りますが、

こういった強いストレスを感じている女性は、

女の子が生まれやすい、というのは事実のようです。

 

男の子が欲しい女性は、抱えているストレスを解消することが、

産み分け成功の秘訣と言えそうです。

 


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

産み分け基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る