女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

早期性別判定を行っている病院

読了までの目安時間:約 4分

 

マタニティ

産み分けをして、無事妊娠した後に気になるのは、

赤ちゃんの性別ですよね。

 

検診で分かるのはだいたい18週以降で、

女の子は確定するのはもっと遅い傾向があります。

 

そんな中、12週~13週から、性別を判定してくれる、

早期性別判定を行っている病院がいくつかあります。

 

波平レディスクリニック

東京都世田谷区にある波平レディスクリニックでは、

早期性別判定を行っています。

 

こちらの病院では12週から性別判定を行ってもらえるようです。

 

ただ、早すぎる場合は、1回で性別が確定しない場合があり、

その場合は無料で2回目、3回目と性別判断をしてもらえるそうです。

 

料金は1万円で、要予約のようです。

波平レディスクリニック

【住所】  東京都世田谷区経堂2-17-1

【電話番号】03-5477-0236

親愛レディースクリニック

滋賀県甲賀市にある親愛レディースクリニックでも、
早期性別判定を行っているようです。

 

公式サイトでは、12週~14週でほぼ確実に性別が分かると記載されていますので、

関西方面にお住まいの方はこちらのクリニックの方が良いかと思います。

 

こちらは予約は特にいらずに診てもらえるそうです。

親愛レディースクリニック

【住所】  滋賀県甲賀市水口町虫生野1098-1

【電話番号】0748-63-3321

早期性別判定をするメリット

早期性別判定を行い、早く赤ちゃんの性別を知るメリットとして、以下のことが挙げられます。

産み分けの結果を早く知りスッキリしたい

自分が行った産み分けの結果がどうだったのか、

成功したのか失敗したのか、誰もが早く知りたいかと思います。

 

失敗して、少し落ち込んだとしても、

出産までに時間があるので、早めに気持ちを切り替え、

赤ちゃんの誕生を心から願う事ができます。

 

赤ちゃん用品を早く準備できる

男の子の赤ちゃんと女の子の赤ちゃんでは、

着る服の色やデザイン、その他赤ちゃん用品が違ってきます。

 

ですので、早期性別判定により、早く性別を知ることにより、

早めに服などを買ったりできるので、楽しみが増えます。

 

希望と違った性別でも落ち込まないで

産み分けをして、赤ちゃんが希望の性別出なかった場合、
少なからず落ち込む人が多いかと思います。

 

ですが、男の子でも女の子でも大切な我が子には変わりありません。

生まれて来ると、きっと愛おしい存在になることは間違いありませんので、
なるべく落ち込まず、早めに気持ちを切り替え、
赤ちゃんの誕生を楽しみに待っておきましょう。
 


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

産み分け基礎知識   コメント:3

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る