女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

産み分け実践中は避妊に気を付ける!

読了までの目安時間:約 3分

 

産み分けするにあたって、

気を付けるのは、「避妊をきっちりする」ことです。

 

妊娠したいのに、なぜ避妊をしなければならないの?

と思うかもしれませんが、

 

正確には、「特定日以外は避妊をきっちりする」ことが重要です。

 

産み分け実践日以外は避妊を!

産み分けで男の子が欲しい場合は、排卵日当日に、

女の子が欲しい場合は排卵日2日前に性交すると良いとされています。

 

ですので、

希望する性別の子供が授かりやすい日以外は、

きっちり避妊をしておかなければ、

産み分けの確率は低くなります!

 

たとえば、産み分けで女の子が欲しい場合、

排卵日2日前に性交を行うとします。

 

その後、排卵日にも性交を行なった場合、

もし避妊していなかったとすると、

 

Y精子の方が有利に働き、男の子を授かりやすくなってしまいます!

 

逆に、産み分けで男の子が欲しい場合、

排卵日に性交しなければなりませんよね。

 

だから、排卵日より3日前だからまだ大丈夫、と思い、

避妊せずに性交したとします。

 

その後、排卵日に産み分けの性交を行う予定が、

事情があり出来なかった場合・・

 

子宮内に、3日前に射精された精子が残っている可能性もあるので、

その場合、X精子が有利に働くので、女の子を授かりやすくなってしまいます。

 

避妊にはコンドームが一番

避妊具にはいろいろ種類がありますが、

一番簡単に使えて、手に入りやすいのがコンドームです。

 

産み分け中はピルは服用できませんので、

コンドームで避妊をきっちり行うのがベストでしょう。

 

せっかく「産み分けに挑戦しよう!」と決心したのにもかかわらず、

避妊をしていなかったせいで、台無しにしてはもったいないので、

 

面倒だと思っても、しっかりと避妊しておくようにしましょう。


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

産み分け基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る
タイトル ページ コンテンツ