女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

赤ちゃんの性別は染色体で決まる

読了までの目安時間:約 3分

 

040

妊娠中、お腹の中の赤ちゃんの性別は、

判明するまで、両親にとってひとつの楽しみですよね。

 

では、赤ちゃんの性別は、どうやって決定しているのでしょうか?

 

赤ちゃんの性別は染色体で決まる

人間の細胞にある核の中には、

糸のような形をした染色体があります。

 

その染色体の中には、

人間の髪の色や、肌の色、体質、指の形など細かい情報が入っていて、

それらは両親の遺伝子情報をすべて受け継いでできています。

 

その染色体の中に、男性か女性かを決める染色体があり、

それによって赤ちゃんの性別が男の子か女の子かが決定されます!

 

染色体とX染色体

性別を決める染色体には、

 

Y染色体

X染色体

 

があり、

 

男性の場合は、Y染色体とX染色体が一つずつ、

女性の場合は、X染色体が二つあります。

 

そして、精子には、

 

Y染色体を持つもの(Y精子)

と、

X染色体を持つもの(X精子)

 

があり、

 

Y精子と卵子が受精すれば、男の子、

X精子と卵子が受精すれば、女の子が生まれるようになっています。

 

どちらの精子と受精させるかが成功のカギ

 

では、産み分けするにあたって、

どうしたら成功するのかというと、

 

それぞれの精子の特長を利用して、

より希望の性別の精子と受精させる環境を整える。

 

ということが重要です。

 

X精子とY精子は、

スピードや重量、好む環境が微妙に違うので、

そこを理解し、産み分けに利用するとよいとされています。

 


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

産み分け基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る