女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

高齢出産でも産み分けできる?

読了までの目安時間:約 3分

 

マタニティ

妊娠に適している年齢は、20代中頃から20代後半にかけてと言われていますが、
最近では女性の社会進出も進み、
晩婚化の傾向がますます進んでします。

 

それによって、高齢出産する女性の割合も、20%以上と、年々増え続けています。

 

高齢出産とは35歳以上で出産をする事で、
20代、30代前半に比べると、どうしても妊娠しにくくなります。

 

卵子の老化などが原因で、
子供が欲しくてもなかなかできず、不妊治療に通う女性も多くいます。

 

そんな高齢出産をする方でも、産み分けにチャレンジできるのでしょうか?

子供が欲しいなら妊娠を優先で

産み分けを実践すると、
男の子が欲しければ排卵日のみを狙って、
女の子が欲しければ排卵日の2日前を狙って性交しなければなりません。

 

ですので、必然的に、妊娠するチャンスが減ってしまいます。

 

女性が排卵するのは1ヶ月に1度で、1年で12回しか妊娠するチャンスがないので、
1月1回のみの性交ですと、どうしても妊娠する確率が減ってしまいます。

 

そうでなくても、35歳以上の女性は妊娠しにくくなっているので、

どうしても子供が欲しい!という方は、
産み分けはやめて、妊娠することを目標に頑張られた方がよいかと思います。

どうしても希望の性別がある場合は産み分けを

それでも中には、「どうしても希望の性別の子供が欲しい!」
「産み分けがしたい!」

という方もおられるかもしれません。

 

そういう方は、妊娠しないのを覚悟の上で、
産み分けに挑戦してみると良いかもしれません。

 

ですが、産み分けをすると、妊娠する確率は減るので、
結果的に子供を産めなかった・・・となることを覚悟して臨んでください。

 

しかし、中には45歳でも産み分けに挑戦して、
希望の女の子を授かった方もいるそうです!

 

ですので、高齢出産でも産み分けに挑戦してみる価値はありそうです。


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

産み分け基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る