女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

夫が産み分けを反対する場合はどうすればいい?

読了までの目安時間:約 4分

 

産み分けを成功させるには、夫婦二人の協力がかかせません。

夫婦であらかじめよく話し合って始めるのがベストです。

 

ですが、中には産み分けに反対する男性もいるようです。

 

こういった場合、どうするのが良いのでしょうか?

 

希望の性別が夫婦で違う場合

夫は男の子を希望していて、妻は女の子を希望している場合は、

当然ながら産み分けをすることは困難です。

 

産み分けをするには、夫婦で同じ性別を希望していることが大前提です。

 

そのため、妻側がどうしても女の子が欲しい!と強く思っているのであれば、

夫にこういう理由で女の子が欲しいと、説得してみると良いかもしれません。

 

また、2人目には、男の子の産み分けをするからと、約束するのも効果的です。

いずれにせよ、夫婦で良く話し合ってから産み分けを始めるようにしましょう。

 

ピンクゼリー、グリーンゼリーを嫌がる場合

産み分けの確率を上げるために、

ピンクゼリーやグリーンゼリーを使用すると良いのですが、

このゼリーを使うことに抵抗を感じる男性も多いようです。

 

ゼリーを膣内に注入した後、5分ほど待たなくてはなりません。

この5分感の間に気持ちが萎えてしまうので、

使用したくない、と思う人もいるようです。

 

こういった場合は、前戯の間に少し早めにゼリーを入れておくなど、

時間的な問題を工夫すると、夫も受け入れてくれる可能性が高くなります。

 

また、どうしてもゼリーが嫌だという場合は、

必ずしもピンクゼリー、グリーンゼリーを使用しなくても産み分けはできるので、

ゼリーは使用せずに、できることだけで産み分けに挑戦するのが良さそうです。

 

自然に任せたいと言う場合

中には、子供の性別を決めるなんて自然に反することをしたくない!

という理由で産み分けに反対する男性もいるようです。

 

そういった場合は、産み分けをあきらめがちですが、

一つの方法として、夫に言わずに産み分けを実行する方法があります。

 

それは、もし女の子が欲しい場合は、

排卵日2日前を予測して、その日に夫婦生活を妻側から誘ってみるのです!

 

そして、排卵日など、男の子が生まれやすい日に性交を持ちかけられたら、

うまくはぐらかして辞退する・・・

 

男の子が欲しい場合はこれの逆をしてみてください。

 

その方法で妊娠すると、自然にまかせて妊娠した時より、

希望の性別の赤ちゃんを授かれる確率がアップします!

 

夫婦仲を悪くする原因にならないで

産み分けに固執しるぎるばかりに、

夫婦仲が悪くなっては本末転倒です。

 

本当は、家族を増やし、より豊かな生活を送るために、子供を生むべきです。

 

それなのに、産み分けが思うようにできなくてケンカになったり、

夫婦でイライラしてしまっては、

赤ちゃんもなかなか来てくれないかもしれません。

 

それに、産み分けは100%できることではないので、

少しでも希望の性別の確率が上がったらいいな、ぐらいに思っておき、

夫婦で楽しみながら行うのがベストだと思います。


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

産み分けQ&A   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る