女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

産み分けで男女の比率は変わる?

読了までの目安時間:約 3分

 

現代では、産み分けに挑戦して、
希望の性別の子供を授かれるよう努力する夫婦が増えてきました。

 

特に、女の子を希望する夫婦が9割近くを占めていて、
この女の子ブームもしばらくの間続きそうです。

 

では、こんなにもみんなが女の子を欲しがった場合、
いずれ、男女の比率が変わってくる心配はないのでしょうか?

男女の比率は105:100

元々、男の子が生まれる割合の方が高く、
その比率は、「男の子:女の子=105:100」と、
微妙に男の子の方が多いようです。

 

この比率は1899年以降、ほとんど変わっていないようです。

 

産み分けが広まっているのにもかかわらず、
比率は変わっていないのです!

日本では確実な産み分けはできない

男女の比率がずっと変わっていない理由のひとつに、
日本では100%な産み分けはできない」ことが挙げられます。

 

アメリカやタイなどでは、着床前診断による体外受精をすることで、
100%希望の性別の子供を妊娠することができます。
(妊娠率はもちろん100%ではありません)

 

この着床前診断による産み分けは、現在の日本では禁止されているので、
日本で産み分けをするのであれば、
どうしてもタイミング法か、またはパーコール法で行うしか方法がないのです。

 

タイミング法やパーコール法は、どうしても確率が100%にはなりませんし、

どれだけ本気で産み分けを行うかによっても、確率は変わってきます。

 

ですので、日本で産み分けを個人で行う程度では、
出生の男女比率には影響を与えないようです。

 

中国や韓国などでは男の子が多い

中国や韓国・台湾では、男の子を希望する人が多く、

赤ちゃんの男女比率が変わってきています。

 

中国が118:100韓国が117:100台湾が110:100

と、明らかに男の子が多い傾向にあります。

 

どうしてこのように偏っているかというと、

中国などでは、

エコーで赤ちゃんが女の子だと分かると、中絶してしまう人が多くいるからだそうです。

 

とても悲しい話ですが、

一人っ子政策のため、一人しか子供が産めない中国では、

どうしても跡継ぎの男の子を欲しがる家庭が多いのが現状です。

 

日本では、子供の人数の制限もないですし、

エコーで性別が分かったからと言って、中絶する人は皆無だと思うので、

このような心配はなさそうです。


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

産み分けQ&A   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る