女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

産み分けで障害児や奇形児が生まれる可能性は?

読了までの目安時間:約 3分

 

男の子と女の子の産み分けをする際には、

排卵日をわざと避けたり、ピンクゼリーやグリーンゼリーを使用しますよね。

 

でも、そんな不自然なことをして、

障害や奇形児が生まれる可能性が高くならないのか、心配になるかもしれません。

 

産み分けをすることによって、

障害などが発症する確率が上がることはあるのでしょうか?

 

ピンクゼリーやグリーンゼリーは安全

ピンクゼリーやグリーンゼリーを購入できる杉山産婦人科のホームページでは、

使用者および出産児の安全性は実証されている」と記載されています。

 

また、赤ちゃんの障害や奇形は、

卵子や精子の染色体異常や、ウイルス、放射能などによるものがほとんどですので、

 

ピンクゼリーやグリーンゼリーを使用したからといって、

障害などが発症してしまう可能性は非常に低いと思われます。

 

安心して使用して良さそうですね!

 

排卵日を避けても大丈夫

女の子の産み分けをする際には、

排卵日を避けて性交しなければなりません。

 

すると、結果的に射精されてから2日以上たった精子と受精することになります。

 

フレッシュな精子ではないので、あまり良くないのでは?と思うかもしれませんが、

これも心配ありません。

 

精子が射精されてから、受精する能力があるとされている時間は、

24時間と言われていたり、48時間だと言われていたり、あいまいな部分があります。

 

実際は、排卵日より1週間前の性交で妊娠する人もいるぐらいなので、

精子の寿命ははっきりと決まっていないようです。

 

しかし、どちらにせよ、

染色体異常のある精子や、運動率の悪い精子は、

そもそも受精しにくくなっているので、

 

排卵日より前の性交で射精された精子だからと言って、

障害児や奇形児が生まれる確率が上がるということはありません!

 

ですので、女の子の産み分けをする際にも、

排卵日より3~4日前の性交で子供ができてしまったけれど大丈夫?!

という心配はする必要が無いと言えそうです。


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

産み分けQ&A   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る