女の子 産み分け

必見!!ももが教える女の子・男の子の産み分け方法

男腹・女腹ってあるの?

読了までの目安時間:約 3分

 

昔の日本では、

男の子しか産めない女性や、女の子しか産めない女性を、

 

男腹」「女腹」といった用語を使用し、

姑や夫、その他周りの人々から厳しく言われた時代があったようです。

 

特に、昔は男の子を生めない女性は、跡継ぎを産めない女と言われ、

離婚させられたりしたそうです。

 

さすがに現在ではそのようなことはありませんが、

果たして、「男腹」「女腹」というのは本当にあるのでしょうか?

 

性別を決めるのは男性の精子

胎児の性別を決めるのは、男性の精子によって決まります。

Y精子と受精すれば男の子、X精子と受精すれば女の子となります。

 

昔は、このようなことはまだ医学的に解明されていなく、

男の子、または女の子しか産めないのは女性のせいだとされていたようです。

 

でも、現在では、性別を決定しているのは男性の精子だと分かっているので、

女性だけに責任を押し付けるようなことは減ったようです。

 

女性側の体質の問題もある

では、性別を決める因子は男性のみにあるのかというとそうではなく、

女性側にも、男の子、または女の子を受精しやすい体質があるのではないかと言われています。

 

子宮の環境により、

Y精子を受精しやすかったり、X精子を受精しやすかったりするそうなので、

 

そこは、女性が食事や生活習慣などで改善すると、

希望の性別の子供を授かれる可能性が高くなります。

 

女性は自分を責めないで

上記の理由から、

子供の性別が決まるのは、男性だけのせいでもなく、

もちろん女性のせいだけでもなく、

様々な条件が重なって、決まるものです。

 

その中には「」という条件も入ってきます。

最終的には、子供の性別はその人の「運命」であります。

 

ですので、姑や夫、親戚などから、「男腹だ」「女腹」だと言われたとしても、

自分を責めることなく、堂々としていてください!

 

男腹や女腹など、そのようなことは一切ないので、

言われても気にしないことが一番です。

 


⇒奇跡の女の子・男の子産み分け術ご購入で、「まだ誰も知らない産み分け情報マニュアル」プレゼント中です


⇒人気のため品切れ予約販売中の産み分けゼリー「ハローベビーゼリー」の詳細記事はこちら

⇒ピンクゼリーとハローベビーゼリー、どっちがいい?

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

スポンサーリンク

 

産み分けQ&A   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る